低金利でお金を借りる

返済額をなるべく少額にしたい!

  このページでは、返済額をなるべく少額にする方法をお伝えしています。返済額を減らすには、なるべく低金利のカードローンを選ぶ必要があります。一般的には、消費者金融よりも銀行の方が金利が低く設定されています。人気のカードローンで金利が低いところはどこか、わかりやすくお伝えしています。キャッシング利用の際の参考にしてください。

少額融資なら、無利息キャッシングの方がお得!

お金を借りる以上、少しでも返済額を抑えたい、少しでも早く返済してスッキリしたい、と誰しもがそう思いながら借りていることでしょう。実はキャッシングには、金利の高い、低いを基準として選ぶのもアリですが、金融機関によっては初めてキャッシングを利用する方限定の「無利息期間サービス」という手もあります。
 注目トピック  アコムなら30日間無利息!

アコム

アコム

アコムを初めてご利用される方なら、30日間の無利息キャッシングが可能です!無利息なので、30日以内に返済すれば、金利は0%でとてもお得です!初めてのアコムをご検討ください。

アコムの公式サイトはこちら>>

「無利息期間サービス」は文字の通り、ある一定期間利息無しで借入することができるシステムです。この無利息サービスは、実施している金融機関のほとんどが30日間(7日間や180日間の期間も一部有)の間としています。そのため、短期間で返すことが可能な場合はこの無利息キャッシングを利用することをおすすめします。
無利息キャッシングはどちらかと言うと、少額での融資を利用したい場合に向いています。利息を払わず元本だけ返せばいいため、初めて利用する方にとって利用しない手はありません。この無利息キャッシングの詳細を知りたいという方は以下のリンクをたどってください。

無利息キャッシングの詳細はこちら>>


そして短期間で返すことが難しい方は、金利が低く設定されている金融機関を選びましょう!低金利での融資を希望する場合は大口で融資を受けたい場合に向いています。大口融資をご希望の方はそのまま読み進めて頂き、借入の際の参考にしてください。

金利が低いのはどこだ!?低金利カードローン徹底比較!

適用される金利は、借入額によって決まる!

ちょっと問題です!
今あなたは、カードローン会社のA社とB社どちらでキャッシングしようか迷っています。30万円の借入をしようとしているとしたら、あなたはA社とB社どちらを選びますか?

A社の金利:3%~16%
B社の金利:5%~14%

ほとんどの方は、A社を選んでしまうものです。あなたはどうでしたか?もしもA社を選んだのであれば、A社の「3%」という金利だけを見て判断し、選択したのではないでしょうか。

でもこれは、回答から言うと、不正解なのです。

実際に30万円の借入では、ほぼ全てのカードローンでは、金利が最高金利、つまり、A社は16%、B社は14%の金利になります。従ってこの問いに関する答えは、『B社を選ぶべき』ということがわかります。

融資限度額が高いと金利は低くなる、その理由とは?

先ほどの「問題」のように、ではなぜ30万円の借入では金利が高くなるのでしょうか。 低い金利で借りることは不可能なのでしょうか。その理由について分かり易くご説明したいと思います。

「利息制限法」で守られている金利設定

キャッシングやカードローン会社で借入した場合、当然利息が付きますが、この利息は2010年に改定された「利息制限法」という法律で定められています。

「利息制限法」には限度額が10万円未満の場合では最高金利が20%まで、10万円~100万円未満なら18%まで、100万円を超える場合は15%までと決まっています。

従って最大でも年20%までの金利と定められているのです。

但し、例え20%以上の利息を取っている貸金業者がいたとしても、残念ながら「利息制限法」には罰則はありません。
元金 最高金利
10万円未満 年20%
10~100万円未満 年18%
100万円以上 年15%
そして、お金の返済を目的とする契約において、もしも利用者に不履行があった場合には債権者が請求できる賠償金(違約金)のことを遅延損害金(または遅延利息金)と言います。

この遅延損害金は、2010年(平成22年)6月18日に完全施行されましたがその内容は、「銀行等一般金融機関や貸金業者が貸付ける場合、遅延損害金については上限利率を年20%とする」というものです。

つまり、この利息制限法の改正によって、キャッシングや融資を受け、何らかの理由で遅延等発生した場合においても年率20%を超える金利を貸金業者は取ることが出来ないということです。

その代わり利用者に延滞があった場合、貸金業者は「期限の利益喪失」を主張することで一括請求できるのです。

期限の利益とは? 期限の到来するまで間があることで当事者が受ける利益のことを期限の利益という。 例えば返還時期の定めのある利息付消費貸借(借金等)の場合、債務者(借主)には期限が到来するまでの間、金銭を自由に使用することができ貸主からの返還請求を拒むことができるというもの。(Wikipediaより)

しかしその期限の利益を失うと、債務者(借主)は借金を直ちに一括請求できます。 1日返済が遅れたくらいで期限の利益を失うことはまずありませんが、延滞を2ヶ月、3ヶ月と続けていると内容証明郵便を送られたりするため、くれぐれも借入している金融機関の契約書を確認しましょう。
こちらは2010年6月18日に完全施行され利息制限法の遅延損害金についての条文です。
利息制限法 第二章 営業的金銭消費貸借の特則
(賠償額の予定の特則) 第七条  第四条第一項の規定にかかわらず、営業的金銭消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が年二割を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
消費者金融や銀行ではこのような「利息制限法」の金利を基準として、融資限度額の金額によって金利が設定されているのです。

「利息制限法」と「出資法」

少し前に遡りますが、「利息制限法」が制定された2010年以前は「利息制限法」の他に「出資法」という法律が存在していました。 「出資法」 という法律には、「貸金業者は、○○%を超える利率を定めたり、取ったりしてはいけない」と規定しています。 そしてもしも出資法の上限利率を越える貸付を行った違法業者には、罰則が科されます。

この出資法の上限金利は、1954年に制定されてから2010年の完全施行までの約40数年間、貸金業者による過剰貸付けや過酷な取立てによる被害が社会問題となったことなどを背景に、段階的に引き下げられてきました。

出資法、上限金利の推移

改正年度 上限金利
1954(昭和29年)~ 109.5%
1983(昭和58年)~ 73%
1986(昭和61年)~ 54.75%
1991(平成3年)~ 40.004%
2000(平成12年)~ 29.2%
2010(平成22年)6月~ 20%
今でこそ出資法の上限金利が20%に引き下げられたため、この2つの法律は同率となり、金利を払い過ぎるという事はなくなりましたが、もしも貸金業者が金利を20%超えて貸付けすると、出資法違反で刑事罰が課せられることになります。

また、利息制限法と出資法の上限金利の間で貸付けると貸金業法の法令違反で行政処分の対象になります。(一部、「日本貸金業協会」文章引用)

金利というものがどういう理由で決まるのか・・・それは、貸金業者は「利息制限法」という法律に基づいた貸付け額(10万円~100万円未満なら18%まで、100万円を超える場合は15%まで、最大でも年20%まで)に応じて行わなければいけない、ということです。

では実際に銀行系カードローンでは「三井住友銀行カードローン」、消費者金融では「モビット」を例にしながら本当に「利息制限法」に準じた金利になっているのかみてみましょう。
三井住友銀行
借入金額 金利 利息制限法
100万円以下 12.0~14.5% 年20%まで
100~200万円 10.0~12.0% 年18%まで
200~300万円 8.0~10.0% 年15%まで
300~400万円 7.0~8.0%
400~500万円 6.0~7.0%
500~600万円 5.0~6.0%
600~700万円 4.5~5.0%
700~800万円 4.0~4.5%
モビット
借入金額 金利 利息制限法
100万円以下 18.0% 年20%まで
100~800万円 3.0~15.0% 年15%まで
銀行系のカードローンは借入額に対する適用金利をホームページなどで公開しています。 そのため上の表から見ても分かるとおり、三井住友銀行カードローンは融資限度額の金額によって細かく金利を設定しています。

また銀行の場合は総量規制の対象外となっているため、このように銀行独特の貸付金額と金利設定となっています。

総量規制とは、個人の借入総額が原則、年収の3分の1までに制限される仕組みのことをいいます。

銀行の場合は総量規制の対象外のため、例え年収の3分の1以上の貸付け金額を申込んだとしてもキャッシングすることが出来ます。

対する消費者金融は借入額に対する金利を非公開にしています。

今現在わかっていることは、それぞれのカードローン会社で借入額に対する適用金利を決めているのですが、さらにそこから勤務内容によって金利を変えています。

例えば、公務員と普通のサラリーマンとでは、公務員の方は『安定』の度合いが非常に強いため、普通のサラリーマンの方よりも金利が安くなる傾向になります。公務員の場合は重大な規律違反を犯さない限り、リストラされることはありません。

更に収入によって異なりますが、貸付金額の上限が高く設定されるのも公務員の方です。

当然、サラリーマンの中でも、大手企業と中小企業とでは安定度が違いますので、大手企業の方が優遇されやすいのが現実です。更に消費者金融は総量規制の対象となります。対象ということは、原則、年収の3分の1を超えての貸付ができないため、もしもモビットの限度額800万円の融資を受けるには、最低でも年収2,400万円が必要になります。

このように、最低限法律で決められている年利を守りながら、各金融会社は金利を設定していますが、ではいったいどこの銀行、消費者金融が金利が最も低く設定されているのでしょうか。

先ずは、消費者金融主要5社の金利を調べてみました。

消費者金融の金利比較一覧表

消費者金融
カードローン名
上限貸付金額 適用金利
プロミス 1~500万 4.5~17.8%
モビット 1~800万 3.0~18.0%
アコム 1~800万 3.0~18.0%
レイク 1~500万 4.5~18.0%
アイフル 1000円~500万円 4.5~18.0%
消費者金融の金利はプロミスの17.8%を除いて、他は全て18.0%に設定されています。 銀行は主要12銀行です。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友カードゴールドローン
  • みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」
  • オリックス銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • ソニー銀行カードローン
  • じぶん銀行じぶんローン
  • 住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」スタンダードコース
  • ジャパンネット銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク


銀行系カードローンは借入金額が大きいほど金利が低くなる傾向があるため、融資金額を「300万円」で借りた場合の金利と、最低金額を借りた場合の最高金利も調べて比較してみました。

銀行の金利比較一覧表

銀行名 金利 300万円借入時金利 最高金利 限度額
三菱東京UFJ銀行 1.8~14.6% 7.1% 12.6~14.6% 10~500万
三井住友銀行 4.0~14.5% 8.0~10.0% 12.0~14.5% 10~800万
三井住友カード 3.5~9.8% 7.8% 9.8% 10~700万
みずほ銀行 4.0~14.0% 7.0% 14.0% 200 ~1,000 万
オリックス銀行 1.7~17.8% 5.0~12.8% 12.0~17.8% 最高800万円
楽天銀行 1.9~14.5% 4.9~12.5% 14.5% 10~800万
イオン銀行(BIG) 3.8~13.8% 7.8% 13.8% 30~800万
ソニー銀行 2.5~13.8% 6.0% 13.8% 10~800万
じぶん銀行 2.4~17.5% 7.0~9.0% 13.0~17.5% 10~800万
住信SBIネット銀行 8.39~14.79% 8.39~8.99% 14.79% 10~300万
ジャパンネット銀行 2.5~18.0% 6.5% 18% 10~1,000万
新生銀行(レイク) 4.5~18.0% 9.0~15.0% 15.0~18.0% 1~500万
「300万円」を借り入れた場合の上位3位と、最高金利が一番低い銀行は次のようになりました。

300万円借入時の金利が一番低い銀行カードローン

1位.ソニー銀行カードローン 6.0% 2位.ジャパンネット銀行カードローン 6.5% 3位.じぶん銀行じぶんローン 7.0%

最高金利が一番低い銀行カードローン

1位.三井住友カードゴールドローン 9.8% 2位.イオン銀行カードローンBIG 13.8% 2位.ソニー銀行カードローン 13.8%
上記「300万円」を借り入れた銀行の金利はあくまでも一般公開されている上での金利です。 そのため、いくら自分がこの金利が希望だと思っても、実際にどの金利が適用されるかは申込み者個人の信用度によって異なってきます。

そしてこれはキャッシングでも言えることですが、キャッシングもカードローンも個人向けの無担保融資向けの商品です。更に連帯保証人も不要となっています。

担保も保証人も不要の状況でいきなり大口での融資は先ず難しいでしょう。

銀行も消費者金融もリスクが大きすぎると考えるため、始めの借入限度額は小さくなります。

また先ほど、消費者金融は総量規制の対象であるとお伝えしましたが、だからと言って年収が600万円あるからと言って、いきなり最初の審査で年収の3分の1である200万円が借入れられるかというとそれは先ずありません。

どんなに年収が高くても先ずは少額での融資から始まり、遅延することなく返済期日をきちんと守ることによって「信用」という実績を積み上げ、次第に増額融資への借入れが出来るようになるのです。

これは総量規制の対象外となる銀行でも同じことがいえます。

従って上の表で見るべきところは「最高金利」、すなわち借入金額が最も少ない時に適用される金利で、一番低い金利を設定している銀行カードローンを選ぶのが妥当だといえるでしょう。

おすすめの低金利銀行系カードローンは「三井住友カード ゴールドローン」

このように、低金利でお金を借りたいと願うのであれば、先ずは「信用」という実績を積む、そのためには最初は例え少額での融資だったとしても返済期日を毎回守ることによって次第に「増額=低い金利」への道が開けるのです。

もしも限度額を高く持つことが出来れば、その枠内で例え10万円を借りたとしても金利はかなり低くなります。 しかしやみくもにカードローンを選ぶのではなく、最初から最も低く設定されているカードローンを選ぶことが最も重要となります。

それらを総合すると、上の表から見てもかなりおススメなのが「三井住友カード ゴールドローン」であることが見てとれますね!

「三井住友カード ゴールドローン」は全体的な金利を見ても3.5~9.8%、最高金利では他のカードローンと比べても圧倒的に低い一ケタ台の「9.8%」となっています。

なお、次におススメなのが「イオン銀行カードローンBIG」「ソニー銀行カードローン」の最高金利「13.8%」です。

各銀行カードローンの詳細については、以下のリンクをたどって参考になさってください。


金利を少しでも低く抑えたいのであれば、消費者金融よりもやはり銀行系のカードローンが一番です。

低金利カードローンのまとめ

  • 少額融資なら無利息キャッシングを!
  • 適用金利は借入金額に応じて決定される!
  • 借入金額が大きいほど金利は安い!
  • 低金利で借りたければ先ずは「信用」という実績を積むこと!
  • 最高金利が最も低いカードローンを選ぶべし!

100万円未満では、ほとんどの場合が一番高い金利が適用される!
 

その他の借入方法

今すぐ借りたい バレずに借りたい 低金利で借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息で借りる方法 収入証明書なしで借りたい 専業主婦でも借りたい

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

主婦向け特集

詳しくはこちら>>

女性向けカードローン 審査に通るか不安 銀行から借りたい

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りたい バレずに借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 無利息で借りたい

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書なしで借りたい 専業主婦でも借りたい

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

女性向けカードローン 審査に通るか不安

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>