キャッシング 審査

審査に通るか不安

  • 「キャッシングを利用したいけど、審査に通るのか」
  • 「どこのキャッシングの審査なら自分に合うのかしら」
  • 「もうすでに2社以上のところで借入しているけど、借入出来るのか」

お金借りるためには「審査」があり、避けては通れません。しかし、予めどんな事項が審査にとって不利なのか知ることで、安心して審査に申込むことが出来ます。
このページでは、審査への不安を少しでも解消できればと思い、共通するカードローン会社の審査基準についてお伝えしています。しっかり読んで、審査をクリアしましょう☆

キャッシングの審査は基本ポイントさえ押さえれば心配なし!

キャッシングしたいけど審査が不安だと思う方は多いでしょう。

・果たして自分は大丈夫なんだろうか。 ・ちゃんと審査に通るのだろうか? このようにはじめてお金を借りる時は誰だってこの「審査に対する不安」というものは脳裏をかすめるものです。

確かに銀行や消費者金融では審査に対する細かい基準については非公開としています。しかし、ある程度の目安となる基準はきちんと設けているため、キャッシングを申込む前から過剰な心配をする必要性は全くありません。

そしてキャッシングの審査でチェックされる項目は金融会社によって多少違ってはいますが、基本のポイントさえ押さえていれば、ほとんどの方はスムーズに審査に通過することができるのです。

では早速、どんなポイントを押さえればいいのかご説明します。

キャッシングの審査に通る基準とは?

キャッシングの審査を受ける上でまず重要項目となるのが、次の3つです。

何かしら仕事をしていて、毎月安定した収入がある

他社借り入れ状況が一定基準以下である

過去に他社で返済遅延をしていない

この3つをクリアしていれば、先ず審査に落ちてしまうという心配はしなくて大丈夫でしょう。 しかし1つでも当てはまる場合は、もしかしたら審査に通らない場合があります。

ただし、1つ目の「毎月安定した収入がある」ですが、こちらは収入のない専業主婦でも配偶者に一定の収入があれば審査が通る銀行カードローンがあります。専業主婦の方は、「専業主婦でも借入できる銀行カードローン」を参考にしてみてください。

先ず審査に通りやすい人は、「年収が高い人」ではないのだろうか、と思われがちですが、確かに年収が高ければ高いほど有利にはなります。 しかし、金融会社が審査対象に何を優先させるかと言えば、年収はそこそこあって「収入の安定性」という基準を満たしている人なのです。

そのようなことから、フリーランスとして働いている人や自営業者の人は、いくら経営状態に問題がなく、収入が安定していたとしても会社員に比べると経営が保証されているわけではありません。 そのため、どうしても審査に不利な要因を金融会社に与えてしまうのです。

そして次にチェックされるのが他社の借入状況です。 借入状況とは、過去歴だったり借入件数だったりします。

もしも過去に他社からの借入がない人は審査に通ります。 そして更に金融会社では借入額と借入件数もチェックします。 他社への借入件数が多い方が審査は優先的に不利になります。

借入件数が多いということは、借入額も大きくなることに繋がるため、審査に通過しにくくなります。

具体的な借入件数は、おおよそ4社以上借入していると、審査に合格するのはかなり難しいとされています。 もしも思い当たるところがあれば、おまとめローンにしてみたり、1件ずつの借入金額が少額であれば完済して件数を減らしたりすると、審査にも通りやすくなります。

最後に重要項目となるのが返済遅延をしていない、つまり返済能力があるかどうかです。 個人の申込みを行うカードローン会社は担保なしで貸す出すため、これは当然のことですよね。

この返済能力を見極めるために必要となる項目が最初の「毎月安定した収入がある人」となるのです。 結局この3点は、それぞれが互いに絡み合っており、審査の上でそれだけ大変重要だということなのです。

審査に落ちる人に見られる共通点とは?

カードローンの審査には、さきほどの見出し「審査に通る基準とは?」のように、ある一定の基準があることをお伝えしました。しかしそれにはある一定基準の人を選んでいくという感覚ではなく、「入試は落とすためにある」といわれるのと同様に、「一定基準以下の人をふるいにかけて落とす」ために審査というものがあることが強いようです。

このことから、審査に落ちる人は何かしら問題があったから落とされたのだと考えることができます。 では実際にどんなことで落とされたのかを考えると、次の3点が考えられます。

申込書の記入に虚偽の内容を記載する

スコアリングによって左右される

信用情報に問題がある

申込書の記入に虚偽の内容や間違った内容を記載する

申し込みの際に虚偽申告や間違った情報などを記載することは絶対いけません。 何とかしてお金を借りたいと思う気持ちが強くなるあまりに、ついついウソの申告をしてしまう、という事例は後を絶ちませんが、結局はどこかでウソがバレて融資がおりられなくなった、ということにもなりかねません。

そのためにも見栄をはらず、正直に記載することです。 また基本的なことですが、会社名や住所、電話番号が事実と違うだけでも金融会社は在籍確認ができません。 在籍確認ができないとなるとそれだけで審査に落ちてしまう可能性も高まります。 くれぐれも申込書は事実を正確に、更には漏れがなく記入しましょう。

スコアリングによって左右される

カードローン審査におけるスコアリングとは、申込者自身の属性や過去の返済能力などの信用情報を元に金融会社が点数をつけることをいいます。 また属性は、申込時に記載した年齢や勤務先情報、年収や他社からの借入れ件数などをいいますが、特にこのスコアリングシステムで落とされる人にはある共通した特徴があります。

それは次の
  • 収入が少ない
  • 勤続年数が少ない
  • 居住年数が短い
などがあげられます。

審査の基準とする具体的な数値は金融会社によって違い、また非公開としているためハッキリと線引きすることはできませんが、おそらくこの中で勤続年数・居住年数は共に1年未満の場合としていることが多いようです。

確かに勤続年数や居住年数は今すぐ変えられるものではありませんが、時間をかければ改善できます。 そのためにも今もし借入しているところがあるのなら、期日までに必ず返済を試みるなど、自分の信用情報をより良くすることも今後、新たに借入を申込む上での重要な課題となります。

信用情報に問題がある

この中で一番審査に落とされる要因となるものに、信用情報に何らかの問題があったという場合です。 信用情報は、あなた自身がクレジットカードやキャッシング、カードローンを使用した履歴が載っており、審査の際には金融会社がこの個人の記載されている信用情報機関のデータベースを照合して確認できるようになっています。

もしも過去に債務整理などの金融事故や、遅延・延滞を繰り返している場合は「問題あり」ということで、審査に落ちてしまうことになります。 ちなみに3ヶ月以上支払いが遅れた場合、個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。 これが俗に言う「ブラックリスト」ですが、遅れてもいいやという安易な考えは捨てて、期日までに必ず返済するようにすることが、後々の審査に通過するための大切な要素となります。

審査に通るか不安のまとめ

    <基本ポイントさえ押さえていれば怖がる必要性なし>
  • 申込書の内容にウソは書かない!
  • 虚位申告をしない!
  • 返済期限はきちんと守る!
  • 希望限度額は低めに申告
  • 借入件数が多い場合は少しでも減らしてから申込みを!
 

その他の借入方法

今すぐ借りたい バレずに借りたい 低金利で借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息で借りる方法 収入証明書なしで借りたい 専業主婦でも借りたい

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

主婦向け特集

詳しくはこちら>>

女性向けカードローン 審査に通るか不安 銀行から借りたい

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りたい バレずに借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 無利息で借りたい

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書なしで借りたい 専業主婦でも借りたい

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

女性向けカードローン 審査に通るか不安

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>