専業主婦 キャッシング

専業主婦の方のキャッシング方法

  ご主人の少ない給料の中で節約し、やり繰りする毎日は大変だと思います。急な出費の原因は、突然のアクシデント、教育資金、引っ越し、趣味、医療費など様々な理由があるかと思います。そんなとき、カードローンは大変便利です。このページでは、専業主婦の方でも借りれる人気のカードローンを紹介しています。審査の方法や実際に借入した人の体験談などもお伝えしています。申し込み前の参考にしてください。
※注意!!
このページは、専業主婦の方に向けて記事を書いています。パートやアルバイトでも、働いて一定の収入がある主婦の方は、以下のページを参考にしてください。

(働いている)女性が利用している人気のカードローン>>


専業主婦の方には、キャッシングの方法が2つある!

専業主婦の方がお金を借りるには、以下の2つの方法があります。
  • 配偶者貸付
  • 銀行のカードローン
『配偶者貸付』という言葉はあまり聞き慣れないと思うので、まずはここから説明していきます。

収入のない専業主婦がキャッシングするには「総量規制」という壁があります。 この総量規制とは、個人の債務者への過剰貸付を防ぐために2010年につくられた法律です。

総量規制は、個人の借入総額が原則、年収の3分の1を超える場合の新規の借入はできない仕組みのことを言いますが、一部除外・例外となる借入があります。 除外の貸付とは総量規制の対象とならない貸付で、例えばマイホームなどの不動産購入のための貸付や、自動車購入の時の貸付のことを言います。

一方で例外の貸付は、除外とは違って借入残高が年収の3分の1を超えていても例外的に認められます。 (ただし貸付の残高は総量規制の借入残高に加算されます。)

除外と例外の主な貸付けは、それぞれ以下のとおりとなります。

除外貸付

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け(居宅以外)

例外貸付

  • 借換えローン
  • 緊急医療費貸付け
  • 特定緊急貸付け
  • 個人事業者への貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
その中に、「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」があるとおり、これがいわゆる『配偶者貸付』と呼ばれるものです。

配偶者貸付とは?

夫婦2人分の年収、3分の1まで借入ができる制度のことです。
先ほどのご説明のとおり、もしも奥さんの収入が0円であれば、本来「年収の3分の1までしか借入できませんよ!」ということになりキャッシングは不可ですが、総量規制法に「例外となる貸付」という法律があるため、例え奥さんが収入0円だったとしても、旦那さんに一定の収入があれば、キャッシングすることができるのです。

配偶者貸付を利用する条件とは?

もしもこの「配偶者貸付」を利用できれば、収入がない専業主婦でも消費者金融から融資が受けられることになります。 ただし、配偶者貸付を利用するためには次の書類を提出する必要があります。

  • 配偶者(旦那さん)の同意書
  • 住民票などの婚姻関係を示す書類
  • (借入額によっては、収入証明書の提出を求められることもある)
配偶者貸付では、銀行や消費者金融などの利用可能な金額まで借りられるのですが、100万円や200万円といった大きな金額を借入することは期待できません。

やはり収入のない専業主婦の場合、お金を貸し出している例は少なく、基本的には1~50万円までを想定しておいたほうがいいでしょう。 そのため、収入証明書をもとめられることも少ないようです。準備して越したことがないという感覚で捉えてください。

配偶者貸付では、旦那さんの同意書が必要になります。しかし、何か特別な事情があり、旦那さんに借入していることを知られたくないという方も多いと思います。そんな時はこちらを参考にしてください。

旦那にバレずに借入する方法>>



配偶者貸付で借入できるカードローンを探そう!

これだけ説明しておきながら大変残念なお話ですが、最近、配偶者貸付は厳しい状況におかれており、プロミスなどの大手消費者金融のカードローンは、全て利用できない状況になっています。それは以下の一覧表の通りです。
銀行名 条件
プロミス 契約者に安定した収入が必要
モビット 契約者に安定した収入が必要
アコム 配偶者の同意だけでなく、契約者の安定した収入が必要
アイフル 契約者に安定した収入がない場合、新規での契約は不可
このように大手消費者金融では、契約者本人に安定した収入があることを第一の条件としています。 そのため配偶者にどれだけ収入があったとしても、契約者本人に安定した収入がないと借入不可能となることが多いようです。

では次に銀行はどうかと言うと、銀行の場合は総量規制対象外となり、「年収の3分の1・・・」は関係ありません。 銀行カードローンは基本的に配偶者の同意書を提出すれば問題ない場合が多いです。 他に住民票などの婚姻関係を示す書類を提出すればOKです。

しかし銀行カードローンの場合はそもそも貸金業法ではなく、「銀行法」によって規制されています。 従って「貸金業法」にある総量規制の中の「配偶者貸付」も銀行カードローンでは一切関係ないのです。

ということは、ざわざわ住民票などの面倒な書類を準備する必要もなく、本人確認書類だけで申し込みが出来るところもあるため、夫の名義で借入を申込まなくても、専業主婦の方本人が申込み者となってもキャッシングを利用できるのです。

そして、専業主婦がキャッシングできる主要な大手銀行カードローンを調べてみました!!

銀行名 条件
三菱東京UFJ銀行 上限金額30万円
みずほ銀行 上限金額30万円
イオン銀行 上限金額50万円
楽天銀行 上限金額50万円
東京スター銀行 上限金額90万円・収入証明書も不要!

 チェック! 
専業主婦の味方はやっぱり楽天銀行!

楽天銀行の詳細はこちら>>


東京スター銀行は、収入証明書不要で最大で90万円!

東京スター銀行の詳細はこちら>>



専業主婦OKな銀行カードローン

こここまでのことをおさらしてみましょう。 配偶者貸付は、旦那さんの同意書が必要です。

しかし、特段同意書を用意しなくても専業主婦がキャッシングできる銀行系カードローンがあることがお分かり頂けたと思います。

これは、総量規制対象という法律に則った方法で別に裏ワザでも何でもありません。 しかも、収入証明書が不要で借入できる銀行カードローンもあるのです。 (※ただし、旦那にきちんと返済するだけの経済力があることが前提です。そうじゃないと返済できませんからね!w)

専業主婦の方に人気のカードローン

楽天銀行カードローン

◎楽天銀行の基本情報
実質年率 14.5%
限度額 50万円
審査時間 最短即日
運営会社 楽天銀行株式会社

イオン銀行カードローンBIG

◎イオン銀行カードローンBIGの基本情報
実質年率 13.8%
限度額 50万円
審査時間 最短即日
運営会社 イオン株式会社

東京スター銀行カードローン

◎東京スター銀行の基本情報
実質年率 4.5%~14.6%
限度額 10万円~500万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社東京スター銀行

三菱東京UFJ銀行カードローン

◎三菱東京UFJ銀行の基本情報
実質年率 14.6%
限度額 30万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社三菱東京UFJ銀行

みずほ銀行カードローン

◎みずほ銀行の基本情報
実質年率 14.0%
限度額 30万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社みずほ銀行

じぶん銀行カードローン

◎じぶん銀行の基本情報
実質年率 17.5%
限度額 30万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社じぶん銀行

その他の借入方法

今すぐ借りたい バレずに借りたい 低金利で借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息で借りる方法 収入証明書なしで借りたい 専業主婦でも借りたい

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

主婦向け特集

詳しくはこちら>>

女性向けカードローン 審査に通るか不安 銀行から借りたい

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りたい バレずに借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 無利息で借りたい

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書なしで借りたい 専業主婦でも借りたい

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

女性向けカードローン 審査に通るか不安

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>